ネズミザメ目

アオザメ

アオザメとは アオザメは、ネズミザメ目ネズミザメ科に属するサメです。体表の背中部分が鮮やかな青色であることからこのように名付けられました。 英名はShortfin mako shark(ショートフィン・マコ・シャーク)。同属にバケアオザメ「Longfin mako shark」という種がいますがこちらは知名度は低く、海外ではアオザメを単に「Mako shark」と呼ぶことが多いみたいです。 アオザ […]

ホオジロザメ

ホオジロザメとは ホオジロザメは、ネズミザメ目ネズミザメ科に属するサメです。顔の頬部分が白いことから名付けられた名前で、オオジロザメとも呼ばれます。(※正式名称はホホジロザメですが、一般的にはホオジロザメのほうが呼び名が浸透しているようなのでこのページでは表記をホオジロザメで統一しています) 英名ではGreat white shark(グレート・ホワイト・シャーク)。映画「ジョーズ」のモデルにもな […]

メガマウスザメ

メガマウスザメとは メガマウスザメは、ネズミザメ目メガマウスザメ科に属するサメです。 日本での呼び名は英名のMegamouth Shark(メガマウス・シャーク)をそのまま使っています。「大きな口のサメ」という名のとおり、非常に大きな口を備えたサメ。 メガマウスザメはまだ発見例が少ない希少種 メガマウスザメは非常に珍しく、世界でも50件程度しか発見例がない貴重な種です。日本では比較的発見例が多く1 […]

ミツクリザメ

ミツクリザメとは ミツクリザメは、ネズミザメ目ミツクリザメ科に属するサメです。 ミツクリザメという日本での呼び名は、発見者の1人であった帝国大学の箕作佳吉(みつくりかきち)の名前から取られています。 英名では「ゴブリン・シャーク(Goblin Shark)」と呼ばれており、もしかしたら、日本でもこちらの呼び名のほうが有名かもしれません。こちらの由来は、水揚げするとアゴが前方に飛び出し、顔が充血して […]

ウバザメ

ウバザメとは ウバザメは、ネズミザメ目ウバザメ科に属する唯一のサメです。ウバザメという名前は長い鰓が姥のシワのように見えることからきています。英名はBasking Shark(バスキング・シャーク)で、日向ぼっこをしているように漂っているその姿が由来。 ウバザメの身体的特徴 サメの中ではジンベエザメに次ぐ大型種で、現存する魚類の中でもナンバー2のサイズを誇ります。そのわりに意外に知名度が低い可哀想 […]