ウバザメ

ウバザメ

ウバザメとは

ウバザメは、ネズミザメ目ウバザメ科に属する唯一のサメです。ウバザメという名前は長い鰓が姥のシワのように見えることからきています。英名はBasking Shark(バスキング・シャーク)で、日向ぼっこをしているように漂っているその姿が由来。

ウバザメ

ウバザメの身体的特徴

サメの中ではジンベエザメに次ぐ大型種で、現存する魚類の中でもナンバー2のサイズを誇ります。そのわりに意外に知名度が低い可哀想なサメ。このジンベエザメとの扱いの差はいったい(涙)

正式に確認されているものでは全長12.2メートルの個体が最大です。非公式では15メートルなんて記録もあるそうですが、信憑性に欠ける情報で公式記録にはされていません。

写真でもわかるとおり、ほかのサメとは一風変わった体型をしています。天狗のように前面に尖った上あご、体高よりも大きく開くことのできる口、腹から背中まで届きそうなぐらいに長い鰓、小さなつぶらな目、三日月形の尾ビレ、などなど。これらの情報から別のサメとの区別で迷うことはまずありえません。海面から背ビレだけを見たときはホオジロザメに見えなくもないみたいですが。

ウバザメの身体的特徴

ウバザメの食性

ウバザメの主な食事はジンベエザメと同じくプランクトン。大きな口で海水ごと餌を取り込みエラを使って濾過する、濾過摂食を行っています。サメの中でも一番のエラの長さ、口の大きさは、濾過摂食に限りなく特化された特徴といえます。濾過する海水の量は1時間あたり約2000リットル。これだけ大きな体を維持できるわけですね。

 
→ウバザメを水中で撮影した動画
→ウバザメを海面から撮影した動画

バスキングシャーク

ウバザメの生息域

ウバザメは基本的には世界中の温帯の海の沿岸部に生息しています。回遊性でいろんな海を行き来していると考えられていますが、まだ詳しくは解明されていません。人間に発見されるのは海面でプランクトンの捕食行動をしているときが多いのですが、海面のプランクトンが減少する冬場は目撃さえされなります。このためウバザメは冬場は深海でおとなしくしているのではという説が有力視されています。

主食がプランクトンであること、遊泳速度が遅いことから人間に対しての危険性はほぼありません。ダイバーにとってはジンベエザメと同じく憧れの存在で、ウバザメのスポットとして有名な海では一緒にダイビングできるツアーなども組まれています。好奇心が強いのか、船やダイバーに自ら近寄ってくることが多いのも魅力的ですね。

ただし近年その数は激減しています。乱獲が主な原因で、昔は日常的に発見されていたウバザメはかなりの希少種になってしまいました。日本では年に一度水揚げされるかどうかのレベルです。

すでにアメリカやイギリス、ニュージーランド、太平洋全域では保護種に指定されて漁は禁止されていますが、それ以外の発展途上国ではなかなか保護が進んでいないのが現状です。ほかの大型種と同じく数は年々減少していると考えられています。

ウバザメの水族館展示は難しい

2011年現在ではウバザメを飼育している水族館はありません。生態的にはジンベエザメに近い部分が多いので飼育できないこともないのでしょうが、一番のネックはやはりジンベエザメと比べた知名度でしょうか。時間と労力とお金をかけてまで飼育するほどウバザメに客寄せ効果が期待できないのが理由のひとつかと。ジンベエザメを飼育する水族館が増えたいま、逆に狙い目だと思うんですけどね。

口を開けたウバザメ

未確認生物と間違われやすいウバザメの死骸

ウバザメは死亡して腐敗すると、背骨以外の部分はボロボロになって朽ち果ててしまいます。この状態の個体はかなりグロテスクでとても魚類には見えないため、よく未確認生物の扱いを受けます。1977年にニュージーランドで起きたかの有名なニューネッシー騒ぎもこのウバザメが正体。

たしかに写真だけ見ると既知の生き物とは思えない形をしていますね。首長竜発見みたいな誤解を受けても仕方がないような気もします。ほかにも1808年イギリスや、1970年にマサチューセッツに漂流した謎の生物の死骸も生物学者たちによってウバザメの死骸と断定されています。未確認生物発見へのロマンはなかなかうまくいかないものですね(涙)

ニューネッシーはウバザメの死骸だといわれている

下から見たウバザメ
↑下からみたウバザメの姿

 
 
コーニッシュコーストで撮影されたウバザメの動画: