ジンベエザメ

ジンベエザメ

ジンベエザメとは

ジンベエザメは、テンジクザメ目ジンベエザメ科に属するサメです。英名はWhale Shark(ホエール・シャーク)。日本語に直訳すると鯨鮫で、まさに見た目そのまんまですね。

ジンベエザメ

サメの中では圧倒的な体長を誇る最大の種で、現存する魚類の中でもナンバーワンのサイズを誇ります。早い話が「世界一大きな魚」。正式に確認されているものでは全長14メートルの個体が最大と言われています。顔の幅だけで1.6メートルという、驚異的な大きさ。

ほかのサメとの区別の際には、その大きさだけで十分な判別材料になりますが、なんといっても一番の特徴はその模様でしょう。背中側が白く細かい斑点にびっしりと覆われており、尾のほうにいくにつれてその斑点は規則的な格子のように並んでいます。ちなみに和名の「ジンベエザメ」というのは、この模様が甚平によくある模様に似ているところからきています。

ほかには、

・頭部が一番体の幅が大きく、縦方向には平べったい
・頭と同じサイズまで迫るような大きな口
・やや後ろについた第一背ビレ、やや丸みのある胸ビレ
・幼魚時代は尾ビレの上部が長いが、成熟すると上下等しい長さに近づいてくる

ぐらいが主な特徴でしょうか。なんにせよほかのサメとの識別は非常に簡単で、逆に言うとどうやっても間違えようがないぐらいです。

ジンベエザメの特徴

ジンベエザメの食性

ジンベエザメの主な食事はプランクトンになります。大きな口で海水ごと餌を取り込みエラを使って濾過する、濾過摂食を行っています。

ただし意外に知られていないのが、小魚や海草、魚の卵なども食事の対象であること。ジンベエザメにやさしいイメージを持っていた人にとって、小魚の群れやほかの魚の卵をジンベエザメが容赦なく捕食する姿はちょっと衝撃かもしれません。うーん、やはりそこは弱肉強食。

→イワシの群れを食べるジンベエザメの動画
→鯛の卵にありつくジンベエザメの動画

ちなみにまだはっきり解明されているわけではないのですが、小魚が群れを作るポイントや、ほかの魚の産卵時期とその場所をジンベエザメはちゃんと理解して行動している傾向があるそうです。これはウミドリやウミガメの巣立ちの時期を狙うイタチザメとまったく同じ思考といえます。サメの知能が哺乳類並に高いという説もうなづけるものかもしれませんね。

ジンベエザメは繁殖方法は卵胎生をとっています。外洋で捕獲された11メートルの雌の体内から幼魚が300体見つかったそうで。300という数字が多いかどうかは微妙なラインですね。天敵から俊敏に逃げるイメージはまったく想像できないので、成熟できる個体は非常に少ない気がします。

美しいジンベエザメの写真

ジンベエザメの生息域

ジンベエザメは基本的には熱帯や亜熱帯の海を回遊しています。モルディブ、ガラパゴス諸島、ココ島、スミラン諸島などがジンベエザメに出会える有名なスポットです。日本でも沖縄や高知沖、伊豆などで目撃されることがあってニュースになったりします。

ほとんどの先進国では水産資源としてジンベエザメを利用することはなく、逆に保護の対象。ただし食糧不足に悩む発展途上国においては乱獲される傾向にあり、たびたび議論になっています。

前述のとおり、絶滅が危惧されている種で個体数が少ないこともあって、ジンベエザメはダイバーにとってはかなりの憧れの存在。海外にはジンベエザメと一緒に泳げる的なツアーをやっているところもありますが、そういうスポットにいっても野生の個体とちゃんと出会えるかどうかは運次第のようです。

ちなみに沖縄の読谷沖では大きなイケスの中でジンベエザメを飼育しており、ツアーさえ申し込めば確実に一緒にダイビングやシュノーケリングをすることができます。イケスの中のジンベエザメでもOKってことならこれが一番いい方法なのかもしれませんね。

→ジンベエザメとマウイでダイビング 動画
→読谷沖イケスのジンベエザメ 動画

ジンベエザメの口

ジンベエザメが展示されている水族館

日本の水族館では、海遊館、美ら海水族館、いおワールドかごしま水族館、のとじま水族館など、比較的いろんな場所で見ることができます。さすが世界一大きな魚だけあって、どこの水族館でも一番の主役として君臨している様子。

特に美ら海水族館では3匹のジンベエザメを同時飼育しており、長期飼育記録をいまだに更新中です(2010年現在で16年目)。ここはジンベエザメの飼育に関して特に気を遣っていて、十分な水槽の大きさや深さの確保、アクリルガラスへの摩擦防止シートの装着、体調管理、排泄物の分析などに余念がないそうです。現在では水槽内での繁殖を目指して雌の個体も同居させて様子をみているのだとか。

ジンベエザメはいまだにその生態がはっきりしていませんが。美ら海水族館でこれからどんどん解明されていくかもしれませんね。絶滅が心配されている種だけに早めの生態解明に期待したいところです。

ジンベエザメと人間の関わり

 
 
ジンベエザメのドキュメンタリー動画: