イタチザメ

イタチザメ

イタチザメとは

イタチザメは、メジロザメ目メジロザメ科に属するサメです。英名はTiger Shark(タイガー・シャーク)。この英名は体表にトラのような縦縞があることから由来して命名されています。トラザメ、トラフザメという和名のサメが別にいるので少しばかり紛らわしいですが。

イタチザメ

イタチザメの身体的特徴

体長は最大で7.4メートルの記録があって、サメの中でもかなりの大型種です。ただし最近は大型の個体は数を減らし、いまでは2~5メートル程度のものが多いようです。生息域によって差があって、日本では4メートルのものが捕まればちょっとした騒ぎになるぐらい。

大きな特徴は先にも書いた体の縦縞模様です。幼魚時代のほうが模様が顕著で、成熟するにつれてどんどん薄くなっていきます。大型の個体になれば第1背ビレより後ろにぼんやり確認できる程度。この縞模様は幼魚時代は天敵の目からまぎれるための保護色で、体の成長につれてそれが必要なくなっていくから薄れていくと考えられています。

また体の前半分が妙にずんぐりしたシルエットも大きな特徴です。鼻先は他のサメと比べて尖っていることはなく、四角い肉厚のある顔の形をしています。人間でいうと、ぼーっとしながらおにぎり食べてそうな、そんな表情。

イタチザメの表情

ただし、そんな顔とは裏腹にかなり攻撃的な歯を揃えています。ハート型をしたその独特な形状の歯は表面がノコギリ状になっており、ウミガメの甲羅さえも砕いてしまいます。ときには海中の金属ゴミさえも噛み砕いて胃袋に入れてしまうときがあるとか。昔ドキュメンタリー番組ではイタチザメの歯を使って缶詰を開封している映像がありました。歯だけでみれば、サメの中で最強といってもいいのかもしれません。

イタチザメの歯

イタチザメの食性

イタチザメは雑食性で、口の中に入るものは何でも食べてしまいます。小型のサメやエイ、硬骨魚類、海鳥、クジラ、甲殻類など様々。浅瀬で馬や牛なんかが襲われたケースまであります。

また、ウミガメの産卵時期や海鳥の巣立ちの時期を覚えているらしく、その時期に合わせてイタチザメは移動を行います。産卵後で弱っているウミガメや巣立ちする雛鳥はイタチザメにとって絶好の獲物というわけです。

イタチザメの繁殖活動

イタチザメは胎生で、雌の体に子供を一度に数十匹宿します。妊娠期間は1年程度で、幼魚として親の体から出てくる時点で大きさは50~70cm程度。子供同士で殺し合って1~2匹しか誕生しないホオジロザメなどにくらべるとそこそこ効率のいい数字なのかもしれません。

イタチザメの生態
↑50cmの子供を一度に数十匹って・・・どんな出産光景なんだろうか

イタチザメの人間にとっての危険性

沿岸部に生息すること、強い雑食性、体格の大きさから、人間にとっては非常に危険なサメです。サメ事故における知名度では圧倒的にホオジロザメのほうが有名ですが、イタチザメによる事故の件数もあなどることはできません。

子供が泳ぐような浅い海や河口にも出没しますし、何よりイタチザメは捕食目的で噛み付いてくることが大きいです。ホオジロザメは興味心で一咬みだけして立ち去るケースが多いんですが、捕食目的のイタチザメの場合は一咬みだけでは済まない確率が高いです。

そんな危険なイタチザメですが、サメ映画の主役にはなかなかなりません。映画「ジョーズ」で最初の方に間違えて駆除されたサメとして登場するぐらいで、あとはほとんどホオジロザメかメガロドン(絶滅推定種)。モンスターパニックの主役に抜擢するには少しパンチが弱いんでしょうか?少しおとぼけた顔してるし。

イタチザメの生息域

イタチザメは日本では九州から沖縄の近海に生息しています。宮古島や石垣島周辺では夏場に集まってくるイタチザメが問題になるため、定期的な駆除を行っています。テレビなんかでもその駆除作業の様子はよく放送されていますね。延縄の仕掛けで1日に何十匹ものイタチザメがかかるそうですから、相当な絶対数。沖縄の海人たちにとっては死活問題です。

イタチザメと沖縄漁師

水族館で出会えるイタチザメ

日本の水族館では、鴨川シーワールド、海遊館、美ら海水族館などで飼育されています(2009年確認時点)。ただし大型の雑食性ということもあって大変飼育は難しいらしいです。そして意外にも神経質。ほかの魚に果敢に襲いかかっていくイメージがあるかと思いますが、実際はその逆で、自分より小さな魚が近づいてきてもイタチザメのほうが避けていくようです。水槽という人工の環境がイタチザメの習性に影響をきたしているのでしょうか。

さらには知能の高さもあってか餌付けする人間にはすぐ慣れるそうです。同じ水槽に素潜りしても危険はないんだとか。さすがに抱き合ってじゃれあうようなことは無理でしょうけど。

また、海の中でイタチザメに餌付けをしている動画があるんですが、ここに出てくるイタチザメは、ちゃんと人間を「餌をくれるいい奴」としてみている気がします。動くものになんでも反応して噛み付いてくるようなそんな危険な雰囲気は全くありません。この海のサメはもしかして人間と自分の関係のあるべき形を理解しているのかもしれませんね。

人間になついているイタチザメ

 
イタチザメが幼いウミドリを狙う動画: